HOME > sciencecafe > bird058

フクロウの仲間は、「知恵の神様」などと言われ、昔から人々に親しまれてきました。
一方で、夜行性で普段は目にすることも少なく、その生態を調べることは困難です。
そこで、私たちはその鳴き声に着目して、分布や繁殖場所を調べることにしました。
リュウキュウコノハズクというフクロウを対象に、島の森の中に録音機を設置し、録音を行ないました。
また、フクロウの食べ物や巣をつくる場所の調査も行い、繁殖に必要な条件を分析した結果、営巣場所が重要であることがわかりました。
調査を行なっている奄美大島の生物の話も交えながら、リュウキュウコノハズクの生態と鳴き声についてお話したいと思います。


◆講師プロフィール
井上遠
東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程在籍。
卒業研究で奄美大島の鳥類について研究をはじめ、以後奄美大島の森林で調査研究を行ってきた。

日時:2月15日(土)14:30~16:00(14:00入場開始)
費用:一般:2000円 学生:1000円 小学生以下:無料
会場:Hidamari 東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F

*当日は懇親会も予定しています!


 Click to FB

席に限りがございますので,予約の上ご参加くださるようお願いいたします.
予約はcafe@liferbird.comまでご連絡ください.