HOME > sciencecafe > hachi40

「絶滅危惧種への関心を増やすには?動物園やアニメの役割をビッグデータで探る」

絶滅危惧種を保全するためには、専門家の努力だけでなく、市民の理解や協力が必要です。
では、市民に絶滅危惧種を知ってもらうためにはどうしたらいいでしょうか?
そして、市民の関心が高まることが保全につながるのでしょうか?
わたしたちは、市民が絶滅危惧種と接する場所として、動物園と動物アニメに注目しました。
そして、インターネットの検索データや動物園の寄付記録を使って、
その市民に与えた影響を日本全体で大規模に分析しました。
すると、日本全国の動物園や動物アニメには、絶滅危惧種の普及啓発や保全上、とても大きな役割があることが分かりました。
今回のイベントでは、これらの成果をお伝えするとともに、参加者の方たちといろいろ議論したいと思っています。

■講演者プロフィール
深野祐也 博士(理学)
東京大学農学生命科学研究科生態調和農学機構助教。
東京農工大学農学部を卒業後、九州大学大学院システム生命科学科博士課程を修了。
専門は進化生態学とその応用。対象は、植物と動物(人間を含む)です。
普段は田無にある東大の付属農場で研究しています。

日時:2020年1月25日(土)14:30~16:00
費用: 一般:2000円 学生:1500円 小学生以下:無料(ドリンク付)
会場:nature cafe & dining bar Hidamari 
(道案内はこちら
 [住所] 東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F
 [TEL] 042-621-0292
 [URL] http://b-ola.jp/hidamari/



 Click to FB

席に限りがございますので,
ご予約の上ご参加くださるようお願いいたします.
予約はcafe@liferbird.comまでご連絡ください.