HOME > sciencecafe > hachi36

「鳥の色の科学 〜自然淘汰と性淘汰が作り出した多様な色世界〜」

カラスやスズメは地味だが、クジャクやオシドリは目の覚めるような美しい色彩をもっているというと、素直に納得する人もいるが、「あれっ」と思う人もいるだろう。
そう、スズメやカラスはオスもメスも同じ色だが、クジャクやオシドリは美しいのはオスだけでメスは地味な色彩である。
クジャクやオシドリのオスの色彩は、性淘汰によってオスだけに進化した形質である。「それならなんでスズメはカラスは地味なの?」。
地味な鳥も綺麗な鳥もみんなまとめて、進化のお話です。


■講演者プロフィール

上田恵介(理学博士)
立教大学名誉教授。
大阪府立大学農学部で昆虫学を学んだ後、大阪市立大学理学部大学院に進み、
鳥類学を専攻。

日時:2019年11月30日(土)16:00~17:30
費用: 一般:2000円 学生:1500円 小学生以下:無料(ドリンク付)
会場:nature cafe & dining bar Hidamari 
(道案内はこちら
 [住所] 東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F
 [TEL] 042-621-0292
 [URL] http://b-ola.jp/hidamari/



 Click to FB

席に限りがございますので,
ご予約の上ご参加くださるようお願いいたします.
予約はcafe@liferbird.comまでご連絡ください.