HOME > sciencecafe > bird057

カッコウの仲間は自分の卵を他種の鳥の巣に産み付け、育てさせる「托卵」をします。
カッコウ類の卵が孵化すると、まだ目が見えないにもかかわらず、巣内にある卵やヒナを全て外に捨ててしまいます。
そのため、産み付けられた鳥は自分の子を育てる事ができません。
カッコウは托卵を成功させるため、托卵される側は托卵を回避するためにそれぞれ、様々な行動が進化してきました。
今回のカフェでは、それらを紹介しながら、行動の進化について紹介します。
日時:10月27日(日)16:00~17:30
会場:nature cafe Hidamari
住所:東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F
TEI:042-621-0292
参加費:一般:2000円 学生:1000円 小学生以下:無料

◆講師プロフィール
佐藤望

日時:10月27日(日)16:00~17:30(15:30から入れます)
費用:2,000円 (ソフトドリンク付)
会場:Hidamari 東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F

*当日は懇親会も予定しています!


 Click to FB

席に限りがございますので,予約の上ご参加くださるようお願いいたします.
予約はcafe@liferbird.comまでご連絡ください.