HOME > sciencecafe > bird056


マラリアは寄生虫の一種で、蚊を介して感染する、生命に危険のある感染症です。
鳥もマラリアに感染します。
たとえばハワイ諸島にのみ生息しているハワイミツスイ類は多くの種で絶滅あるいは絶滅
に瀕していますが、その主要な原因の一つが鳥マラリアと考えられています。
しかし、そんな危険な鳥マラリア、実は日本の野鳥もごく普通に感染しています!
日本における鳥マラリアは渡り鳥が運んでいる事が近年わかってきました。
また、家禽や水族館などの飼育ペンギンにおける死亡例も報告されています。
今回はそんな普段の野鳥観察からは絶対に見ることのできない、血液内にいる鳥マラリアのお話です。
感染するとどうなるのか、いったいどこから来るのか、どうやって見つけるのかなどなど鳥マラリアについて紹介します。

◆講師プロフィール
犬丸 瑞枝
日本大学大学院獣医学研究科獣医学専攻実験動物研究室 日本学術振興会特別研究員。

日時:8月17日(土)14:00~15:30(13:30から入れます)
費用:1,500円 (ソフトドリンク付)
会場:Hidamari 東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F

*当日は懇親会も予定しています!


 Click to FB

席に限りがございますので,予約の上ご参加くださるようお願いいたします.
予約はcafe@liferbird.comまでご連絡ください.