HOME > sciencecafe > bird055

by 澤祐介

冬になると愛くるしい姿で水辺を飛び回るユリカモメ。
東京都の鳥になっているほど身近な渡り鳥です。
日本に渡ってくるユリカモメは、ロシア・カムチャツカ半島などから渡ってきていることがわかっています。
そんなユリカモメ、実は日露(日ソ)の渡り鳥保護の架け橋となっていたことを知っていますか!?
今回は、ユリカモメが開いてきた国際交流の扉を紐解き、日本のユリカモメの生態に迫り
ます。

◆講師プロフィール
澤 祐介
ユリカモメを追い続けて10年。
愛犬の名前をチャイカ(ロシア語でカモメの意味)にするほどはまっています。
京都大学大学院理学研究科修士課程修了。
2014年よりバードライフ・インターナショナル東京で渡り鳥保全プログラムの担当として職を得、現在に至る。

日時:7月20日(土)14:00~15:30(13:30から入れます)
費用:2,000円 (ソフトドリンク付)
会場:Hidamari 東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F

*当日は懇親会も予定しています!


 Click to FB

席に限りがございますので,予約の上ご参加くださるようお願いいたします.
予約はcafe@liferbird.comまでご連絡ください.