HOME > sciencecafe > hachi24


10歳で野鳥に魅了されから、もうすぐ20年。
30近い国をめぐって、様々な鳥たちとの出会いを重ね、気がつけば写真家として活動するようになりました。
演者が考える鳥たちの魅力は、その姿の多様性もさることながら、周囲に広がる景色や、彼らに出会えるまでの旅の部分にもあります。
誌面や展示を通して発表する1枚1枚の写真の裏あるエピソードを知ることで、写真やバードウォッチングをより楽しむことができるかもしれません。
この7月には、都内でこれまでの歩みを振り返る写真展を開催する演者が、演者なりの鳥や写真へのアプローチ、野鳥写真のこれからについて思うことを語ります。

■講演者プロフィール

菅原貴徳
平成2年、東京都まれ。幼い頃から生き物に興味を持って育ち、11 歳で野鳥撮影をはじめる。
東京海洋大学、ノルウェー北極圏への留学で海洋生物学を学んだ後、名古屋大学大学院で海鳥を研究。
その傍ら写真家活動を開始し、2017 年度よりフリーランスに。国内外問わず、様々な景色の中に暮らす鳥たちの姿を追って旅をしている。
著書に『鳴き声から調べる野鳥図鑑』『生き物の決定的瞬間を撮る』(いずれも文一総合出版)、「SNAP!BIRDS!」(日本写真企画)。7月17日からピクトリコ ショップ&gラギャラリー表参道にて写真展「Fledged.」を予定。
HP:クリック

日時:2019年7月6日(土)14:00~15:30
(13:30から入れます)
費用: 2,000円(ソフトドリンク付き)
会場:nature cafe & dining bar Hidamari 
(道案内はこちら
 [住所] 東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F
 [TEL] 042-621-0292
 [URL] http://b-ola.jp/hidamari/



 Click to FB

席に限りがございますので,
ご予約の上ご参加くださるようお願いいたします.
予約はcafe@liferbird.comまでご連絡ください.