HOME > sciencecafe > bird052

by 森口紗千子


冬鳥が飛来する時期になると、野鳥から鳥インフルエンザが検出された
ニュースを目にしたことはありませんか?
渡り鳥が鳥インフルエンザウイルスを運んでくるなんて、
にわかには信じられないかもしれませんが、
渡り鳥とウイルスが長く共生関係を続けてきた結果なのです。
近年は、高病原性鳥インフルエンザの流行により、
日本でも野鳥だけでなく家きんや動物園の飼育鳥にまで感染し、
甚大な被害が発生する年もみられるようになりました。

演者らは、野鳥の鳥インフルエンザの発生を監視するためのツールとして、
国内における野鳥の鳥インフルエンザ発生地点の情報を用いて、
日本全国の野鳥の鳥インフルエンザ発生リスクを推定した地図(リスクマップ)を作りました。
野鳥目線の鳥インフルエンザの基礎知識とともに、この鳥インフルエンザのリスクマップを紹介します。

◆講師プロフィール
森口紗千子 博士(農学)
東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了、博士(農学)。
専門:景観生態学・保全生態学。(独)国立環境研究所特別研究員、(独)農研機構動物衛生研究所農研機構特別研究員、新潟大学特任助教を経て、現在は日本獣医生命科学大学ポストドクター

日時:4月27日(土)14:00~15:30(13:30から入れます)
費用:2,000円 (ソフトドリンクとお菓子つき)
会場:Hidamari 東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F

*当日は懇親会も予定しています!詳細が決定次第またご報告いたします。


 Click to FB

席に限りがございますので,予約の上ご参加くださるようお願いいたします.
予約はcafe@liferbird.comまでご連絡ください.