HOME > sciencecafe > hachi016


デジタルカメラが普及し、気軽に野鳥撮影に出かけられるようになりました。
野鳥を撮影したいけれど…
種類が多くて何を買えばいいのかわからない
一眼カメラや超望遠カメラは機能がありすぎて、操作が複雑で難しい、
野鳥を見つけてもうまくカメラで捉えきれない
という方も多いのではないでしょうか?
今回の講座では、写真家の岡本勇太さんを講師にお迎えし、
実際にフィールドで野鳥撮影について教えて頂きます!

------------------------------------------------------------------------------

4月中旬は鳥達が最も活発になる季節です。田園地帯が広がる長沼駅周辺に河川と山、2つの異なるフィールドが隣接しており、散策しながら野鳥を観察・撮影します。
河川ではサギの仲間やカルガモが採食し、
運が良ければカワセミにも出会えるかもしれません。
山では多くの鳥たちが恋の歌を囀っていることでしょう。
実際に野鳥達が暮らすフィールドにお邪魔し、カメラを始めたばかりの方や野鳥撮影初心者を対象にカメラの使い方や鳥の見つけ方・
接し方をレクチャーします。
観察後にはHidamariにて昼食を食べながら楽しく、質疑応答・写真の添削を行います。
また、近年問題になっている『野鳥撮影における野鳥に対する接し方・マナー』のお話もございます。

------------------------------------------------------------------------------

■講演者プロフィール
岡本勇太
高校生の頃にオカメインコを飼ったのと近所の川にコハクチョウが飛来したのがきっかけで、バードウォッチングを始める。
オカメインコの野生の姿が見てみたいと思い立ち、オーストラリアに行ったのがきっかけで、野生のインコ・オウム類の撮影がライフワークになる。
『BIRDER』(文一総合出版)や小鳥のキモチ(学研プラス)などに記事の提供・執筆を行う。
主な著書に『beauty in the nature』(イーフェニックス)、『インコのびのび』(文一総合出版)がある。

日時:2019年4月14日(日)9:00~14:30
集合:長沼駅
費用: 3,000円(おやつ・飲み物付き)
会場:nature cafe & dining bar Hidamari 
(道案内はこちら
 [住所] 東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F
 [TEL] 042-621-0292
 [URL] http://b-ola.jp/hidamari/



 Click to FB

席に限りがございますので,
ご予約の上ご参加くださるようお願いいたします.
予約はcafe@liferbird.comまでご連絡ください.