ike001 of Liferbird

HOME > sciencecafe > ike001

by 宮下彩奈

東北地方や山地を代表する木・ブナ。ブナ林は豊かな自然の象徴だと考えられており、世界遺産として有名な白神山地のブナ林などは日本が世界に誇ることのできる森です。しかし、ブナの森には大きな謎が残ったままなのです。

『なぜ、ブナ林ができたかわからない』

ブナが生える地域には、他にも多くの種類の木が生育しています。それにもかかわらずブナが多いということは、何かブナに特別に有利である状況があるはずです。これまで考えられてきたのは「ブナは森の中の暗さに耐える力が他の木よりも大きい」というものです。森の中は常に暗いので、より暗い場所で大人になるまで成長できる木が、森を代表する木になることができるはずです。ところが、ブナと共に生育しているスギやモミの方がブナよりも暗い場所で成長できることが明らかになってきました。

では、なぜブナの森ができたのでしょうか?本カフェでは人とのつながりに着目してこの問題を解き明かしていこうと思います。

日時:6月16日(土)11:30~13:00(終了しました
費用:600円(コーヒー付き)
会場:Lamp(喫茶店)豊島区西池袋 4-2-13 1F
http://www.246.ne.jp/~umi/weblampaccess.html

定員になり次第,受付を終了とさせて頂く場合がございますので,
参加をご希望の方は事前に予約して頂く事をお勧めいたします.
予約連絡先:info★liferbird.com (★を@に変えてください)

概要

白神山地はブナ林が多く残されているため、世界遺産となっていますが、それはブナ林が東北地方の本来の森の姿だと考えられているからです.

しかし、本当に、ブナ林=自然の森なのでしょうか.

普通、人が何も手を加えていない森は、最終的には暗さに強い樹木が残ります.暗さに弱い樹木は深い森の中では成長できないためです.そこで、講演者の宮下さんはブナが他の木よりも暗い場所で強いのか検証しました。その結果、スギやヒノキのような常緑針葉樹の方が強いことがわかりました.

では、なぜブナ林が多く残されているのか.

一つの仮説として、自然災害(土砂崩れなど)にブナの方が強い事が考えられます.雪崩や台風などが多い地域では、森がずっと安定しているわけではないため、そのような災害に強い木が生き残りやすいと考えられます.もう一つの可能性として、実は常緑針葉樹が人間の手によって、選択的に伐採されてきたという事実が挙げられます.スギやヒノキなどの常緑針葉樹は建材として優れていたため特に重点的に伐採されました。そして結果的にブナだけが残った可能性があります.しかし、地層などを調べると、やはり昔からブナは多かったことを示すデータもあるため、これからも研究が必要です.

世界遺産・白神山地を代表する木であるブナは、身近な樹木ではないようにも思えますが、実は東京などでも見る事ができます.たとえば高尾山などでも見る事ができるそうです.興味のある方は是非、探してみて下さい.

語り手から

  • 皆さんにわかってもらえるようにと頑張った発表づくりでしたが、実は、自分が一番勉強になったのではないかと思います。専門用語を使わずに専門外の方にもわかるように研究を説明するというのは、研究の意義や面白さの本質を問う作業だと感じました。とはいえまだまだ力量不足だと痛感したので、今回のような機会があればぜひまたチャレンジしたいと思います。そんなわけで、興味をもたれた方には知識や経験の有無を問わずどんどん来聴して頂きたいですし、研究者の方には、ぜひ発表することをお勧めしたいと思います。ありがとうございました。

参加者の声

  • とても面白かったです.
  • いかに会場全体を巻き込んで盛り上げるかが難しいのかな、と感じました.サイエンスカフェの開催側に興味があるので、このようなコメントです.
  • 今回もとても楽しくお話を聞かせていただきました。木にとても興味が湧きました。今度、高尾山で探します!!!
  • かんたんな資料などあるともっとわかりやすかった。講座中はBGM offの方がよいかと思いました。(レベルが小さかったので大丈夫でしたが)

スタッフより

開催当日は雨が降っていたにもかかわらず、多くの方に足を運んでもらいました.ありがとうございました.鳥以外のテーマでおこなった「池袋サイエンスカフェ」でしたが、いかがでしたでしょうか.研究者にとっては他の分野の研究を聞く事で、新しい発見をすることはよくあります.鳥好きな方もそうでない方も、様々な生物を対象とした、池袋サイエンスカフェに是非足を運んでいただければと思います.きっと新しい発見があると思います.

さて、本カフェでもアンケートを実施させていただきました.ご協力いただきました皆様、ありがとうございます.アンケートは今後、より良いカフェにするための貴重なご意見となりますので、今後も実施させていただきます.

アンケート結果の一部は下記の通りです.(有効回答数8名)

  • 1. また参加したいと思いますか.
    • 予定があえば:6名 内容による2名 毎回参加したい0名 参加したくない0名
  • 2. 発表者の話はわかりやすかったですか.
    • 非常にわかりやすい:4名 わかりやすい:4名 わかりにくい、非常にわかりにくい:0名
  • 3. 話の内容のレベルはどうでしたか.
    • ちょうどよい:7名 やや難しい:1名 簡単すぎる、非常に難しい:0名
  • 4. 料金は適正でしたか.
    • 安い:1名 適正:7名

今回も発表後には皆さんで昼食をLampで食べました.次回は6月30日(土)第2回池袋サイエンスカフェ「コケの中に生きるシダ」です.乞うご期待!