bird016 of Liferbird

HOME > sciencecafe > bird016

by 中村雅子

カモ・ウ・サギといった水鳥は周りの自然と切っても切れない関係にあります。

80年代には環境悪化が水鳥に及ぼす影響についての研究がはやり、90年代には水鳥が環境に及ぼす影響についての研究がはやりました。

しかし、「水鳥が水質に及ぼす影響」についてはあまり研究が進んでおらず、そこに注目し研究を進めています。

一言に水鳥といっても多種多様ですが、本カフェではカモとカワウを対象に、

  • 水質とは何か?
  • 彼らの排泄物はどんな特長があるのか?
  • また、それらが水質にどのような影響を及ぼすのか?

を中心にお話しいたします。

日時:7月27日(土)11:30~13:00(終了しました
費用:600円(コーヒー付き)
会場:Lamp(喫茶店)豊島区西池袋 4-2-13 1F
http://www.246.ne.jp/~umi/weblampaccess.html

定員になり次第,受付を終了とさせて頂く場合がございますので,
参加をご希望の方は事前に予約して頂く事をお勧めいたします.
予約連絡先:info★liferbird.com (★を@に変えてください)

概要

もうしばらくお待ちください…。

語り手より

  • 聞きにきて下さった皆さんのキラキラした目に、私の忘れてしまっていた何かを見たようで、初心を忘れずに研究を続けたいものだなぁと思いました。
  • ソファに座ってお話ができたのが、いわゆる発表感を呼ばす、緊張せずに話ができよかったです。(すわったことによって後ろの方の表情が見えにくくなってしまったのですが)
  • いずれにせよ、今までに経験したことのないスタイルでの発表で多いに多いに勉強になりました。
  • 聞きにきて下さった皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

参加者の声

  • 身近な湖沼と鳥の関係が聞けて新しい発見になった。
  • 今日は鳥の話は少なかったですが、楽しくわかりやすく説明して下さったので興味を持って聞けました。調査の方法や機器など具体的に教えて下さったのもおもしろかったです。
  • 何が分かっていないかを明確にできる考え方が面白い。理系の世界から遠ざかっていたので、刺激になりました。
  • 仕事の都合で土曜日の参加はちょっときびしいので日曜開催もバランス良くいれて下さい。
  • 鳥自体のお話は少なかったですが、とても面白かったです。フンに着目すると別のもっと広い視野で話ができていいですね。フンが汚染につながるなんて考えたことなかったです。
  • ユーモアもたっぷりまじえながら、内容の濃いお話を伺え、うれしくおもいました。今回もまた素人にもわかりやすく、また、ますます鳥への興味をかきたてられる”カフェ”でした。
  • とてもおもしろかったです!!

スタッフより

今回もアンケートを実施させていただきました.アンケート結果の一部は下記の通りです(有効回答数 13名).

  • また参加したいと思いますか。
    • 1.毎回参加したい 2名
    • 2.予定が合えば参加したい 8名
    • 3.内容による 2名
    • 4.参加したくない 0名
  • 料金は適正だと思いますか。
    • 1.安い 6名
    • 2.適正 7名
    • 3.高い 0名
  • 発表者の話はわかりやすかったですか。
    • 1.非常にわかりやすい 7名
    • 2.わかりやすい 7名
    • 3.わかりにくい 0名
    • 4.非常にわかりにくい 0名
  • 話の内容のレベルはどうでしたか。
    • 1.簡単すぎる 0名
    • 2.ちょうどいい 2名
    • 3.やや難しい 0名
    • 4.非常に難しい 0名

次回は8月3日(土)第7回池袋サイエンスカフェでヒドラを題材に話をしてもらう予定です。乞うご期待!