bird014 of Liferbird

HOME > sciencecafe > bird014

photo by H. Nakamura

photo by H. Uchida

by 笠原里恵

カワセミとヤマセミは、長いくちばし、ちょっと大きめの頭でずんぐりした体つき、小さな足をしており、崖に巣穴をほって魚を食物とする水辺の鳥です。

カワセミは翡翠色の背中と橙のお腹が美しい鳥で、おもに河川の中・下流域に棲んでいます。一方でヤマセミは白と黒の鹿の子模様が印象的な鳥で、多くは山の中の渓流や河川の上流部に棲んでいます。

本来は棲んでいる地域が異なる二種ですが、同じ地域で繁殖していることもあります。体の特徴も食べ物も似た二種が、どうやって一緒に暮らしているのでしょう?

今回は彼らの子育て期の行動追跡や雛に与える食事内容の紹介、また彼らの育雛期の悩みについてお話ししたいと思います。

日時:5月25日(土)11:30~13:00(終了しました
費用:600円(コーヒー付き)
会場:Lamp(喫茶店)豊島区西池袋 4-2-13 1F
http://www.246.ne.jp/~umi/weblampaccess.html

定員になり次第,受付を終了とさせて頂く場合がございますので,
参加をご希望の方は事前に予約して頂く事をお勧めいたします.
予約連絡先:info★liferbird.com (★を@に変えてください)

概要

もうしばらくお待ちください…。

語り手より

もうしばらくお待ちください…。

参加者の声

  • 判りやすく、面白いお話でした。
  • とても判り易くて楽しくお話をきかせていただきました。Powerpointがとても判り易かったです。カワセミは鳥の中で一番好きなので、興味深かったです。
  • もう少し広いところがあればと思いました。
  • 面白かったです
  • お店の雰囲気はとてもステキで好きなのですが、多少テーブル付の席があったほうがメモをとりやすいかと思いました。(あとトイレも行きやすいほうがいいかも?)
  • 今回初めて参加しましたが、なるほど~と思いながら拝聴させて頂きました。

スタッフより

今回もアンケートを実施させていただきました.アンケート結果の一部は下記の通りです(有効回答数 17名).

  • また参加したいと思いますか。
    • 1.毎回参加したい 2名
    • 2.予定が合えば参加したい 13名
    • 3.内容による 1名
    • 4.参加したくない 0名
  • 料金は適正だと思いますか。
    • 1.安い 4名
    • 2.適正 13名
    • 3.高い 0名
  • 発表者の話はわかりやすかったですか。
    • 1.非常にわかりやすい 13名
    • 2.わかりやすい 4名
    • 3.わかりにくい 0名
    • 4.非常にわかりにくい 0名
  • 話の内容のレベルはどうでしたか。
    • 1.簡単すぎる 0名
    • 2.ちょうどいい 17名
    • 3.やや難しい 0名
    • 4.非常に難しい 0名

次回は6月2日(日)第6回池袋サイエンスカフェでホルンを題材に話をしてもらう予定です。乞うご期待!