bird007 of Liferbird

HOME > sciencecafe > bird007

by 上沖正欣

「何だかお隣さん、すごくお節介なんですけど・・・」
普段の生活でそうした経験、ありませんか?
そんな貴方は、きっとヤブサメの気持ちに共感できるはず。

ヤブサメといっても日本の伝統芸能「流鏑馬」ではありません。
どこにでも普通にいる、ちょっと変わった小鳥です。
そんなヤブサメの面白生態を、ビデオ映像を交えながらご紹介します。

日時:10月28日(日)11:30~13:00(終了しました
費用:600円(コーヒー付き)
会場:Lamp(喫茶店)豊島区西池袋 4-2-13 1F
http://www.246.ne.jp/~umi/weblampaccess.html

定員になり次第,受付を終了とさせて頂く場合がございますので,
参加をご希望の方は事前に予約して頂く事をお勧めいたします.
予約連絡先:info★liferbird.com (★を@に変えてください)

概要

ヤブサメと聞いて私たちがまずイメージするのは伝統芸能の「流鏑馬」ですが、今回は「藪雨」のお話でした。10g弱しかない小さな渡り鳥で、その名の由来は、藪の中での雨音のような鳴き声からだそうです。風流ですね。その鳴き声もカフェで聞かせていただきましたが、秋の虫の声とそっくりでした。もしかしたら、気づかなかっただけで、実はヤブサメの声を聞いたことがあるのかも!?

そんなヤブサメは地面の上の穴に巣を作ります。一夫一妻なのですが、つがい以外のオスが巣にやってきて、いろいろお節介したり、しなかったり、我が物顔で他人の家の前に居座ります。でも、巣の主はそれを追い払うこともなく、「ちょっと邪魔かな」程度。実はそのオス、お隣さんで、自分の奥さんが卵を抱いている間、暇なのでお節介しに来ているのだとか。どうしてそんなことするのかというと、「隣の奥さんと、いい関係に...」という下心から?というのが上沖さんの仮説でした。覗きやストーキングをする鳥は、他にもたくさんいるけど、ヤブサメの「隣人関係」は、他のとはだいぶ変わっているようです。

ヤブサメの生態はまだまだ謎だらけ。これからの調査でも面白いことがわかってきそうで、続報が楽しみです。

語り手より

  • 以前に聴衆として参加した時は、学会とは違って演者との距離が近いため、「聞く」というより「対話」している感じで、全く知らない分野の話でしたが、その世界に思わず引き込まれてしまいました。今回は語り手として参加しましたが、やはり同じようにリラックスして話すことが出来ました。こちらからも気軽に問いかけができるのもいいですね。終わった後もランチを食べながら皆さんと楽しく会話することが出来ました。

参加者の声

  • サイエンスカフェ、初めて来ました。おもしろいのはもちろん、安くてとても良いです。
  • 内容がとても、わかりやすくて助かります。もう少し時間があっても良いのでは...?楽しくてあっという間でした。
  • 初めてでしたが、すごく分かりやすい解説でした。知らなかったことばかりでおもしろかったです。
  • 研究が身近に感じられる楽しい内容でした。動物の行動を知ることができて、うれしい機会になりました。
  • とてもわかりやすく親しみやすい内容でとても楽しかったです。写真や動画がたくさん見られたのも良かったです♪少人数でいつも以上にアットホームな雰囲気も良かったです。
  • 今回も非常に興味深く拝聴させていただきました。不思議な生態で、ヤブサメを身近に感じました!

スタッフより

今回は準備が遅れてしまい、ご連絡がギリギリになってしまいました…。急な連絡で興味があっても来れなかった方もいるのでは、と申し訳ない気持ちになっています。それでも雨の中、お集まりいただいた皆様には本当に感謝の念で一杯です。上沖さんの講演が非常に興味深かったこともあり、スタッフとしては多くの人に聞いてもらえなかったのが申し訳ない、という思い出一杯です。今後は入念に準備をして望みたいと反省しております。

今回もアンケートを実施させていただきました.アンケート結果の一部は下記の通りです(有効回答数 6名).

  • また参加したいと思いますか。
    • 1.毎回参加したい 1名
    • 2.予定が合えば参加したい 4名
    • 3.内容による 1名
    • 4.参加したくない 0名
  • 料金は適正だと思いますか。
    • 1.安い 4名
    • 2.適正 3名
    • 3.高い 0名
    • (1,2重複1名)
  • 発表者の話はわかりやすかったですか。
    • 1.非常にわかりやすい 6名
    • 2.わかりやすい 0名
    • 3.わかりにくい 0名
    • 4.非常にわかりにくい 0名
  • 話のレベルはどうでしたか。
    • 1.簡単すぎる 0名
    • 2.ちょうどいい 6名
    • 3.やや難しい 0名
    • 4.非常に難しい 0名

また、こんなサイエンスカフェあったらいいなという質問項目では、「「夜、アルコールと。」という意見がありました。夜にふさわしい話題もありますので、是非実現してみたいと思っています。

次回は11月18日(日)第8回鳥のサイエンスカフェ『アカゲラの幸せを呼ぶ住まいづくり』です。乞うご期待!