bird006 of Liferbird

HOME > sciencecafe > bird006

by 近藤紀子

カラスは真っ黒で、模様もありません。たくさん集まっているとどれがどれなのか、人間にはわかりづらいものです。

では、カラス自身は、互いがだれか、つまり互いの個人情報を気にする必要があるのでしょうか?相手が誰かわかっていないのでしょうか?そもそも、カラスは個人情報を持っているのでしょうか?

そんなカラスの個人情報についての研究をご紹介します。研究の話だけではなく、カラスの魅力もお伝えします。

日時:9月29日(土)11:30~13:00(終了しました
費用:600円(コーヒー付き)
会場:Lamp(喫茶店)豊島区西池袋 4-2-13 1F
http://www.246.ne.jp/~umi/weblampaccess.html

定員になり次第,受付を終了とさせて頂く場合がございますので,
参加をご希望の方は事前に予約して頂く事をお勧めいたします.
予約連絡先:info★liferbird.com (★を@に変えてください)

概要

カラスは私たちがあちこちで見かける鳥のひとつですが、決して良いイメージがある鳥とはいえないかもしれません。その一方で、カラスは世界中のあちこちで神格化されてきた鳥でもあります。サッカー日本代表のエンブレムにも八咫烏(ヤタガラス)が描かれています。

今回のカフェでは、ハシブトガラスの「カー」という声が一羽一羽違うこと、その違いによって相手を区別できること、さらには声と姿を結びつけて相手のことを理解していること、という驚きの話を紹介してもらいました。一見すると、どれも同じように真っ黒に見えるカラスたち。でも、実は一羽一羽、きちんとした「個人情報」を持っていたのです。

カラスの声は20種類以上あるといわれていて、その研究はいままさに始まったばかりです。電線の上で鳴いているカラスを見かけたときには、ぜひその声に耳を傾けてみてください。あなたにもその違いが分かる日がやってくるかもしれません。

語り手から

  • 一般向けにしてはわりと狭い範囲の内容だったため、あまり面白くないのではないかととても心配でした。ですが、事前の打ち合わせが丁寧で、自分では気づかないことを指摘していただいたおかげで、そこそこまともに話せたと思います。私自身はカラス愛をぶちまけることができ、とても楽しかったです。みなさんがカラスに興味を持ってくださっていることを感じ、今後も研究頑張ろうと思いました。

参加者の声

  • 今日のお話はとても面白かったです。具体例や写真が沢山あって判り易く、楽しめ、知識も増えました。
  • 近藤さんのお話の仕方がとても魅力的でした。
  • 専門家の語りなので、とても役に立つ。
  • 前から知人から話をきいていて、いつか参加したいと思っていたので、今日参加できてよかったです。
  • とてもたのしくお話きかせていただきました!また是非参加させてください。
  • 近藤さんのカラスへの愛情が感じられとても良かったです。今回は奇跡的に参加できたのですが、できたら日曜開催して頂きたいです。
  • 今後のカラスの研究を楽しみにしています。

スタッフより

今回のサイエンスカフェはカラスという、みなさんに興味のある題材も手伝ったのでしょうか、多くの方に興味を持っていただいたようです。来ていただいた方には、期待以上の面白さがあったのではなかと、スタッフも自負しております。何よりもカラス愛に溢れる語り手・近藤さんのキャラクターが強烈でした。近藤さんが自分の研究対象のカラス一羽一羽の泣き声が違うことを、実際に鳴きまねをしてみせたりするたびに、会場からは喝采が巻き起こり、我々スタッフも感動仕切りでした。

今回もアンケートを実施させていただきました.アンケート結果の一部は下記の通りです(有効回答数 15名).

  • また参加したいと思いますか。
    • 1.また参加したい 2名
    • 2.予定が合えば参加したい 11名
    • 3.内容による 2名
    • 4.参加したくない 0名
  • 料金は適正だと思いますか。
    • 1.安い 3名
    • 2.適正 12名
    • 3.高い 0名
  • 発表者の話はわかりやすかったですか。
    • 1.非常にわかりやすい 12名
    • 2.わかりやすい 3名
    • 3.わかりにくい 0名
    • 4.非常にわかりにくい 0名
  • 話のレベルはどうでしたか。
    • 1.簡単すぎる 1名
    • 2.ちょうどいい 14名
    • 3.やや難しい 0名
    • 4.非常に難しい 0名

また、こんなサイエンスカフェあったらいいなという質問項目では、「複数研究者が話す」「実験や体験できるサイエンスカフェ」というのがありました。どこまでできるか解りませんが次回以降の参考にしたいと思います。

次回は10月28日(日)第7回鳥のサイエンスカフェ『ヤブサメはお節介でのぞき好き?』です.日曜開催を希望する声があったため、10月・11月は試しに日曜開催をしてみます。乞うご期待!