bird002 of Liferbird

HOME > sciencecafe > bird002


photo by Toshimitsu Nuka

by 北村亘

本来、家族とは仲良くあるべきだと、誰もが思うことだろう。しかし、人間と違い、生きていくだけで精一杯の動物達は、家族といえども複雑な利害関係の中にいるのだ。相手が血を分けた親子であろうが、一生を添い遂げる相手であろうが、自己の利益のために騙し騙されることが少なくない。今回はツバメを題材に彼らの夫婦仲について探る。最近の研究から、ほのぼのと見えるツバメの世界にも、浮気や不倫といった現象が確認されることが明らかとなってきた。そこに隠された雌雄それぞれの思惑を紹介する。

日時:5月26日(土)11:30~13:00(終了しました
費用:600円(コーヒー付き)
会場:Lamp(喫茶店)豊島区西池袋 4-2-13 1F
http://www.246.ne.jp/~umi/weblampaccess.html

定員になり次第,受付を終了とさせて頂く場合がございますので,
参加をご希望の方は事前に予約して頂く事をお勧めいたします.
予約連絡先:info★liferbird.com (★を@に変えてください)

概要

ツバメは日本人にもっとも愛されている鳥の一つではないだでしょうか。しかし、そのツバメの生態も調べてみると案外知らないことが多いことに驚かされてしまいます。

今回のカフェではあの可愛らしいツバメが実は浮気をしているという衝撃的な話を紹介してもらいました。生まれてくる雛のうち、実に5羽に1羽が浮気によって生まれた子だと推定されています。浮気をするにはオスもメスもどちらにも利益がなくてはいけません。またそれだけでなく浮気をすることの不利益が利益を上回らなくてはいけないはずです。ツバメの雌雄それぞれではどのような利益と不利益があるのか、説明をしてもらいました。

電線に並んでとまっているツバメを見かけると、仲がよいのかな、とついつい考えてしまいますが、これは人間が自分達の常識を当てはめようとしてしまっているに過ぎません。実際には浮気の駆け引きをしている最中であることが多いようです。今後はツバメを見る目も変わってしまうかもしれません・・・。

語り手から

  • 会場が大きくないこともあり、観客との距離がすごく近いことが印象的でした。語り手・聞き手・会場と、一体感を感じることができて良い雰囲気の中で話をさせてもらえたと思います。「サイエンス」の部分にこだわってしまったため、多少難しい表現なども織り込んだ部分が理解しにくいかと心配でしたが、、聞き手が途中で助け舟を出してくれたこともあり、それに頷く人がいてほっとする場面もありました。一般向けということで、もう少し話をやさしくしてもよいのかと考えています。

参加者の声

  • 身近なものに例えながらの話だったので全く知らなくても楽しかった.
  • つばめやとりが浮気をしているという新たなことを学びました.
  • わかりやすく面白かったです.また是非参加したいです.
  • 楽しく聞かせて頂きました.
  • もっと“参加できる”イベントがあればいい.ある問題を一緒に考えるような事を企画されては?
  • 出張サイエンスカフェ(違う場所でもやってほしい)

スタッフより

今回は総勢24名(参加者17名、スタッフ5名、発表者と聞き手)と,たくさんの方にご来場いただきました.ありがとうございました.全体を通して,良いサイエンスカフェになったと自負しています.反省点もいくつかございましたので,その点については今後改善していきたいと思います.

また,今回よりアンケートを実施させていただきました.アンケート結果の一部は下記の通りです(有効回答数 14名).

  • 1. また参加したいと思いますか.
    • 毎回参加したい:0名
    • 予定が合えば:12名
    • 内容による:2名
    • 参加したくない:0名
  • 2. 発表者の話はわかりやすかったですか.
    • 非常にわかりやすい:10名
    • わかりやすい:3名
    • わかりにくい:1名
    • 非常にわかりにくい:0名
  • 3. 話の内容のレベルはどうでしたか.
    • 簡単すぎる:0名
    • ちょうどいい:12名
    • やや難しい:2名
    • 非常に難しい:0名
  • 4. 料金は適正でしたか.
    • 安い:5名
    • 適正:8名
    • 高い:1名

1〜3は発表者としても私としてもとても励みになりました.今後もより良いものを目指していきます.

発表後には発表者やスタッフ、お客さんとともに昼食をLampで食べました.初めて来て頂いた方も残っていただき,楽しい一時となりました.そこでも色々なアドバイスをいただきましたので,今後に活かせればと思います.

第3回鳥のサイエンスカフェは『人とオオセッカと東日本大震災』です.乞うご期待!